福祉車両もお任せください!

高齢化社会を向かえ、福祉車両の活躍の場が広がるとともに、自動車メーカーからも様々な車種が発売されています。藤川自動車では福祉車輌取扱士の資格を持つスタッフがお客様のご希望に合った車種を的確にご提案。個人の方も法人の方も、安心してご相談ください。以下、福祉車両の種類を一部ですがご紹介いたします。

スロープ

車椅子に乗ったまま、後部のスロープでスムーズに乗り降りすることが可能です。車内では車椅子をベルトでしっかり固定、さらにシートベルトを着用しますので走行中も安全です。



リアリフト

手軽な操作だけで自動昇降するリフターがついています。病院・介護施設などの法人向けには複数台の車椅子やストレッチャーが乗せられるものも。個人向けには運転しやすいミニバンタイプも増えています。



サイドリフト

助手席や2例目のシートが回転しますので、車の乗り降りが大変な方も楽々乗車。乗用車タイプからミニバン型まで、幅広い車種に搭載されています。



手すり・サイドステップ

手すりやサイドステップはメーカー純正でついている福祉車両のほか、社外品を後から現在ご所有のお車につけられるものもあります。取り付けもご相談ください。



運転補助装置

足が不自由な方でも運転しやすいよう、手動でアクセルやブレーキなどが使える装置を搭載したものになります。純正車両のほか、こちらも後付けできるものもあります。